日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震防災対策推進計画


第5章 日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震防災対策推進計画

本章は、「日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法」の定めるところにより、地震防災に関する措置について基本となる事項を定める。
(災害対策協力本部の設置等)
第15条 本会は、日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震が発生し、広域にわたって著しい地震災害が発生した場合、第3章の各条項に準じて災害対策協力本部を設置し、運営を行う。
なお、地震防災対策を推進する必要がある日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震防災対策推進地域として指定されている地域は5道県117市町村にとなっており、該当する道県建設業協会が独自に定める防災業務計画等を踏まえ、適時適切な対応を行う。
付則
(施行日)
第1条 本計画は、平成28年4月1日より施行する。
(その他)
第2条 本計画に定めがないことについては、別に定めることとする。

 

に戻る▲に戻る▲