【神奈川県建設業協会】
5月に第5回建設フォーラムを開催します。
「担い手三法で建設現場が変わる。未来に向けた建設現場元年」


2015/04/22

一般社団法人神奈川県建設業協会(小俣務会長)は、「担い手三法」の趣旨・内容について理解と浸透を図り、建設工事の品質確保、担い手の育成・確保とともに地域社会に貢献する地域建設業の再生・発展を図ることを趣旨として、第5回建設フォーラム「担い手三法で建設現場が変わる。未来に向けた建設現場元年」を開催します。受講料は無料であり、受講者はCPDS 4ユニットを取得できます。
リーフレットをご覧いただき、ぜひご参加ください。(参加には申込が必要です。)

日時:5月18日(月)受付開始12:30、開演13:10~17:00
場所:ワークピア横浜 2階 おしどり・くじゃく
講演内容:
講演1 「改正品確法を踏まえた適正な建設生産システムの確立について」
国土交通省大臣官房技術調査課 建設技術調整官 森戸 義貴 氏
講演2 「公共事業調達改革の道筋」
日本大学生産工学部土木工学科教授 元近畿地方整備局長 木下 誠也 氏
講演3 「建設生産性の向上について」
~求められる現場力と受注者から見た改正品確法~
株式会社淺沼組 本社土木事業本部企画部長 桑原 茂雄 氏
講演4 「女性土木技術者の活躍と今後の期待」
~私の海外プロジェクト奮闘記~
大成建設株式会社 調達本部 第二調達部 高原 郁恵 氏、井原 智子 氏

http://www.zenken-net.or.jp/wp-content/uploads/20150403.pdf

に戻る▲に戻る▲