【京都府建設業協会】
京都縦貫自動車道全線開通プレイベントにブース出展を行いました。


2015/07/16

 7月12日(日)、京都縦貫自動車道全線開通を記念するプレイベントが、京丹波パーキングエリアを中心に開催されました。フリーウォークでは約4,500人が参加、開通(7月18日)直前の道路・約10kmを歩きました。
 今回のイベントでは、一般社団法人京都府建設業協会(岡野益巳会長)がブースを出展、地域建設業の役割や災害対応など建設業の活動状況を紹介するパネル展示やアンケート調査などを行いました。また、広報資料として、同協会が作成したマンガ冊子「雨のち晴れ」のほか、全建が作成した子ども向けミニパンフレット「建設ってどんな仕事」も配布していただきました。
 好天にも恵まれたため、数多くの親子連れやお孫さん連れがブースを訪れ、子ども達に建設業を身近に感じてもらおうと行なったミニショベル車を使用した塩飴すくいでは、約200人の子ども達が参加し、用意した塩飴がすべて無くなるという盛況ぶり。建設業の取組みをPRする絶好の機会となりました。

gazou1

gazou2

gazou3

 http://www.zenken-net.or.jp/wp/wp-content/uploads/sinbun.pdf
                             7月14日付建設経済新聞

に戻る▲に戻る▲